スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰痛

今月の上旬ぐらいから腰痛がひどくなり、今週は会社を数日休んで静養しました。
6年前にぎっくり腰をやっており、その時ほどではないものの、まだ少し痛みます。

病院は、整体や整形外科に3軒ほど行きました。
整形外科ではレントゲンを取り、ぎっくり腰といっても、背骨に問題があるわけではなく筋肉の炎症との診断。
痛み止めをもらい服用しましたが、それでは抜本的な解決になりません。。

整体は、普段から通っていたところ以外に、もう一軒行ってみました。知り合いからの紹介で、かなり評判がいいとのこと。
診断結果は、姿勢の悪さから来る体のバランスの悪さが問題で、特に骨盤が寝ている状態とのこと。
確かに物心ついたときから猫背と言われていましたが、これまで何の手当てもしてきませんでした。
まずは、正しい座り方を教えてもらいましたが、慣れないのでとてもきついですね。
まあ、子供が生まれるまでは、かなり不養生をしてきましたし、現在も特に体に気をつけるということはしてこなかったので、必然の結果でしょう。
しばらくは、整体の先生にしたがって治療していきたいと思います。

追伸。
「腰痛」と入力しようとすると、なぜか毎回「幼虫」に」なってします。これは病気ですねぇ。。。(笑)


スポンサーサイト

補強です。

ひょんなことからTigaさんと知り合うことができ、能勢YGの幼虫をお譲りいただきました。

↓これです
能勢YG幼虫


管理番号:YG83-05
8月29日交換時:20.4g
種親:♂83.1×♀51

管理番号:BYG81-01
9月17日交換時:12.6g
種親:♂81.1×♀51

ともに能勢847系統で、申し分のない大型血統です。

うちにいる能勢YGは旧80系統ですので、以前から847系統を入手したいと思っていました。
この2本目で伸びることを期待して、大切にブリードしたいと思います。
Tigaさん、ありがとうございました。

追伸。
ラブセナさんからお譲りいただいた能勢YG♀50㎜も、実はTigaさんが孵化させラブセナさんが羽化させた個体です。
これも何かのご縁ですので、今後ともお付き合いさせていただきたいと思っています。

床下⇒温室

今月のはじめぐらいから、昨年稼動させていた簡易温室を引っ張り出して試運転していました。

↓これです
温室東

材料は以下のとおりです。
1.某HPで購入した保温冷箱
2.ピタリ適温プラス4号
3.電子サーモスタット(コトブキ)
4.衣装ケース(ニトリ)
5.間仕切り(ニトリ ピタリ適温と衣装ケースとに隙間をつくるため使用)
6.スタイロフォーム

内部は↓こんな感じです。
温室内部

急激な温度変化の際は、なかなか一定温度の保つのが難しいのですが、予算もないため、今年もこれに頼るしかありません。
頭数が増えたため同じものをもう1セット作成しました。

↓これです
温室西

最近まで直射日光があたっていたため庫内は27℃を超えることがあり、さすがに幼虫を移すことはできませんでしたが、床下の温度が大分低下(20℃程度)し、日差しも当たらなくなってきたので、昨日幼虫を引越しさせました。

↓これが床下ブリードルームです。。。
床下
劣化しちゃっているビンもありますけど。。。

で、移転先は↓こんな感じです。
温室西3
1400ccのビンだと、2段にして20個入るぐらいの大きさです。
昨年、庫内が乾燥してビンが「かっちかち」になった反省から、空き瓶に水を入れて置いています。
(初心者の当方は、「これが固詰めか!ビン交換は大変だ。」と勘違いしていました。)

そろそろ冬期間の能勢YG♀は床下に残してきたので、いくぶんか収納に余裕があります。
その上、津山♂の最大幼虫が★に。。。食痕がまったく見られなかったのでフタをあけてみたら、、、、。
日野春♂の最大幼虫のビンにも食痕が見当たりません。わずかに底に、、、。居食いならいいのですが。

さて、今年の冬はこの2台で乗り切ります。。期ズレの影響をこの2台でどう吸収するかが当面の課題です。

補強かっ??

先日、妻と長男がご近所を散歩をしていると「オオクワガタあげます。」と張り紙のしてあった家があったそうで、さっそく訪問、もらって来たとのこと。

その連絡をもらった私は、「産地はどこだろ?能勢?久留米?川西?うーん、最近評判の祖父江だったらいいなぁ。大きさは?まさか80UPってことはないよね。」などと、妄想しまくり!

で、急いで帰宅したとき、ご対面したのがこれ。




















ヨーロッパオオクワガタ
そうです、ミキハルさん正解です。
産地はヨーロッパ。ヨーロッパオオクワガタです。大きさは30㎜もないかな、図ってません!。
その上、♂ばかり4頭も。

うーん、どうにもなりません。。。



調布飛行場まつり

昨日、隣の市にある調布飛行場で「調布飛行場まつり」がありました。

通常は立入禁止となっている駐機場や格納庫の一部が開放されていて、セスナやヘリコプターなどの小型機を間近で眺められる、マニアにはたまらないイベントのようです。
今回で15回目の開催ですが、参加するのは、はじめて。
その理由は、事前に応募しておいた「管制塔見学ツアー」に当選したからです!
当方マニアではありませんが、管制塔の中に入ることなど、めったに経験できることではありません。

↓ここです。
管制塔


中からの眺めは↓こんな感じです。
管制塔から

ジャンボジェットが離着陸するような飛行場は、滑走路の長さが3,000m程度とのことですが、ここは800m。
でも、飛行場の端から端まで見通せるのは、気分も爽快です。
予想外だったことは、管制官の方々が英語で通信するかと思いきや、日本語で交信していましたことですね。
この飛行場自体、ダイナミックさはありませんが、身近で聞くセスナ機の音の迫力は十分!
家族でかなり楽しめましたよ。

セスナ機で操縦のまねごとをする、長男4歳。横顔ですが初登場です。
セスナ

おしらせ

諸般の事情により、昨日アップした記事は不掲載とします。
コメントいただいた方には、大変申し訳ありません。

マツノ久留米♂80.4

ラブセナさんからお譲りいただいたマツノ久留米♀の、お婿さんが決まりました。

ビッダーズでお馴染みのshima1007さんから、マツノギネスの血を引く♂80.4をお譲りいただきました。
↓これです。shima1007さん、すいません、写真をお借りします。。。
マツノ久留米804
お尻が少し出ているのですが、まったく気になりません。

なにしろ、血統がすごいです。
↓これです。shima1007さん、すいません、こちらの画像もお借りします。。。
マツノ久留米血統構成図
本当に、何も申し上げる必要はないと思います。

それと、非常にびっくりしたのが、とても丁寧な包装。思わずシャッターを押しました。
↓これです。
久留米1

能勢YGとの2ショットは、↓こんな感じです。
能勢YGとマツノ久留米
左が久留米で、右が能勢YG(80.1)。まさに圧巻です!(写真がヘタでうまく伝わらないなぁ。。。)

こんな個体を入手できただけでもサプライズなのですが、実はサプライズはまだまだ続きます。
ラブセナさんからの♀もマツノ久留米で、その種親のブリーダーがshima1007さんであることは伺っていました。
先日shima1007さんと電話でお話しする機会があり、この♀のことをお聞きすると、
「クロスラインかもしれない。」
つまり、
・♂80.4の種親♂(84.1)とラブセナさん♀の種親♀(52.5)は同腹
・♂80.4の種親♀(52.7)とラブセナさん♀の種親♂(82)は同腹
だったのです。
どんな効果があるのか、インラインとどう違うのか等、まったくわかりませんが、この偶然を大事にしたいと思います。
(shima1007さんから、このラインは81、82はあたり前のように出ると言われました。。。うまくいけば83UP。プレッシャーです!)

shima1007さん、ありがとうございました。

追伸。
ブリードをはじめるまで、「久留米」といえば私にとっては松田聖子さんでした。
中学生の時、毎週見ていた「ザ・ベストテン」の「今週のスポットライト」のコーナーに登場した時の衝撃は忘れません。私が部屋にポスターを貼った唯一の人です。
一方、能勢といえば能瀬慶子。ん?字が違うし。出身地じゃないし。。

ラブセナさんからの個体!

仕事の関係(半期末、期初)でなかなか時間が作れず、更新がままなりません。
書きたいネタはたくさんたまっているのですが、、、。

今日は、陸王さん&ガッタさんプレ企画で、ラブセナさんからお譲りいただいた個体について書きたいと思います。
(やっとご紹介できます。ラブセナさん、遅くなり申し訳ありません。)

まずは、、、、
①能勢YG♀(旧能勢80)
 サイズ:約50㎜
 種親:♂81.8㎜×♀50.6㎜
 入手経路:高知県在住のブリーダーの方から、ラブセナさんが幼虫で入手され羽化させたもの

能勢YG50
↑ピンボケです。写真はいつまで経ってもヘタです。

次に、、、、
②マツノ久留米♀
 サイズ:約50㎜
 種親:♂82mm×♀52.5mm
 入手経路:クワカブランドというshopからの幼虫を、ラブセナさんが羽化させたもの
 ※兄弟で84㎜が出ているとのこと

マツノ久留米50
↑これもピンボケです。とても元気でじっとしてくれません。ゼリーをいまだドカ食い中。

ともにびっくりするぐらいの素晴らしい大型血統です!私には勿体無いぐらい。。

ラブセナさん、貴重な個体をお譲りいただき、誠に感謝いたします。大切にブリードしますので、見守っていてくださいね。

それと、新しい虫友さんや素晴らしい個体にめぐり合わせていただく機会をくださった、陸王さん、ガッタさん、本当にありがとうございます。
次回も協賛&応募します!

追伸。
まだ、東京オフ、やってますか??行きたかったです!
決算の締め切りがかち合わなければ行けたのに。ま、しかたなし。
プロフィール

じょーじ

Author:じょーじ
40歳を過ぎてから、2人の男の子の父になりました。子供がクワカブに興味を示し、ご多分に漏れず子供よりクワカブ(特に国産オオクワ)に熱くなっています。

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
データライブラリー
FC2カウンター
相互リンク
40過ぎての子育て、オオクワ 国産オオクワガタ成虫や菌糸ボトル販売 世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します! 名前入りTシャツのお店-デコプレ-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。