スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の締めくくり

明日から、家族旅行に出かけます。

行き先は、会社の保養施設のある、ハワイ島です。
実は新婚旅行で訪れたのがハワイ島でして、14年ぶりになります。
あれから14年、家族が増え、今回は義父母を含めて6名での旅行です。

今回は海やプールが中心ですが、長男には課題を与えたいと思っています。
1.プールに飛び込めること 最初はパパ抱っこでも可
2.満天の星を見て、星座をひとつでも覚えること

なかなか臆病者で、まだプールに飛び込みができません。(もちろん足からでも)
南国の雰囲気で調子づいて、飛び込むことを期待します。というか、無理やり投げ込もうかな。

ここ東京では星はあまり見えません。彼はその存在をまだ知らないと思います。
今回がきっかけで興味を持ってくれたらと。

クワねたは、なかなかありませんね。旅行から帰って来た際、プレ協賛品に応募があることを期待しています。

そう、この間、ノコギリクワガタの産卵セットを組みました。ワイルドの2ペア分です。
産卵が確認でき、幼虫がある程度の大きさになったら、庭に幼虫コーナーを設けようと思っています。
スポンサーサイト

陸王さん&ガッタさんプレに協賛しました

陸王さん&ガッタさん合同プレ企画への協賛が、本日締め切りです。
当方も、協賛させていただきました。

能勢YGの来期の幼虫です。
能勢YG系統図プレ

どれだけ幼虫が採れるのか、そもそも産んでくれるのか、不透明な状態ですので、応募いただけるかどうか。。。
おおくわ80さんプレの二の舞だけは避けたいと思います。

それにしても協賛品の豪華なこと!
能勢YG本家yasukongさんを初め、一流のブリーダーの方々が協賛されています。
初心者の私が協賛するのもおこがましいのですが、一方で応募もしたいプレ企画です。

ご応募をお待ちしております。

極太オオクワガタの作出??

極太オオクワを作出しました!
これです。















極太オオクワガタ

右が4歳の長男作、左がパパ作です。
どうですか、なかなか極太でしょう!

この仔たちも仲間入りし、うちのくぬぎにはたくさんのクワカブが。

くぬぎ



昨日、奥多摩に日帰りで行ったので、今日は自宅でのんびりしています。

だた、息子が「夜の森に行きたい!」と言い出しました。
おそらく今期最後ですから、行きましょうか。車で20分の御神木まで。

磯遊び

先週末、14日に江ノ島に行ってきました。

ブリーダーで有名なミミさんのブログに、江ノ島で磯遊びができるところがあるとの記事があり、詳細を教えていただけるとのことだったので、メールして場所を教えていただきました。

↓ ココです
江ノ島

お盆の時期だったので、自宅を早めに出発。8時半には到着しました。
途中のコンビニで、イカの薫製を購入。それでカニを釣ったり、網で小魚、エビをすくったりしました。
あまり広くなく深さもないので、うちの息子にも安心して遊ばせることができました。
ミミさんのブログにある「ウニ」は見つけることができなかったので、再度チャレンジしたいと思います。

ミミさん、ありがとうございました。

P.S.
最近、少しバテ気味で更新も滞っています。早く涼しくならないか。。。
ベランダの昆虫たちも心配。

ボトル交換(能勢YG)

昨日、pax77777jpさんからお譲りいただいた能勢YGのボトル交換を行いました。

残念な結果です。。。
11頭のうち、♂6頭、♀5頭
♂の最大は22g、最小7g(ただし、最小の幼虫は当方のミスで★に、、、。pax77777jpさんごめんなさい。)
♀は9g~11g(11gは1頭)

以下が、♂の最大です。
能勢YG2010815-002
よしくわさんの幼虫とはフォルムが違いますね。。。。もっとお尻がプリっとしてましたね。

ただ、がっかりしていてもしかたがないので、多少分析を。
「データライブラリー」にある幼虫管理表をご覧いただきたいのですが、いただいた11頭のうち、3頭は1本目にHS800に投入の個体。
残りの8頭はプリンカップ(PIT微粒子)に投入後、当方でRTN-PP800に投入したものです。
この差が歴然です。HS投入の3頭が♂♀ともに最大値を記録。

ここからの示唆としては、
1.初・2令での投入(1本目)はプリンカップ→800ccよりも、800ccに直接投入したほうが大きくなる。(あるいは成長が早くなる)
2.初・2令だからといって、1本目に微粒子が適しているとは限らない。
3.幼虫体重を追求するには、RTN-PP800よりもHSのほうが適している。
といったところでしょうか。

でも、ほんとに残念だな。

羽化サイズについて(その2)

最近は、体重ではなく頭幅に注目しているブリーダーの方もいらっしゃいます。

羽化サイズについて(その1)でデータを使わせていただいた方(仮にAさんとします)が、まさにそうです。
体重とともに、頭幅の記録も併記されていたので、それを回帰分析してみました。
以下がその分析結果です。

能勢YG回帰分析2

回帰式は、y = 2.1703x + 51.576となり、
・傾きがプラスなので、頭幅が大きいほど羽化サイズは大きい。
・80UPの羽化には、頭幅13.1㎜必要
ただし、グラフを見ていただければ一目瞭然ですが、決定係数は0.1368で幼虫時体重よりも説明力が低くなりました。

Aさんの最近のブログにも頭幅に関する記述がありますが、13.0㎜UPを数多く出したいとのこと。
ご本人は80UPよりも高いところを目指されていると思うので、「80UPの羽化には、頭幅13.1㎜必要」は当てはまらないのではないでしょうか。

まあ、やはりというか、なんというか、羽化サイズの説明変数がひとつだけという前提に無理があるということでしょう。

能勢YG系統図

なかなかブログを使いこなしていないため、以前作成した「能勢YG系統図」がうまく表示できない状態でした。

visioで作成しPDF化したのですが、PDFはアップロードできないんですね。
しかたがなく、yahooのブリーフケースや無料のストレージにUPしましたが、うまくいきません。

なので、画像にしました。以下のとおりです。(見にくくてすいません)

能勢YG系統図v3

そのときの記事はこちらです。

最近の能勢YGな方々の記事を見るにつけ、「うちも早くビン交換してしまおうか。」とか「来年のブリードは万全を期したい。しっかりと準備しなければ。」と思うこのごろです。

川遊び

昨日は予定を変更して、山梨方面へ行ってきました。

行き先は「名水公園べるが」と「オオムラサキセンター」です。
べるがは、初めての訪問でしたので勝手がわからなかったのですが、良かったですよ。
特に川遊び。こんな感じです。

べるが

この写真の右側に堰があって滝のように水が流れています。写真ではわかりづらいのですが水はかなり澄んでいて冷たい。上流にはサントリー南アルプス天然水の工場があるとのこと。
とても気持ちが良かったです。
他にマスの掴み取りもあり、4歳の長男は当然参戦!
そこだけで終わるのかというぐらい、その場を離れませんでした。

その後、オオムラサキセンターへ異動。
入館はしませんでしたが、周りの公園を散策。そこではカブト♂を見つけました。

一日の終わりに長男に「今日、一番楽しかったのは何?」と聞いたところ、「カブトムシ!」とのこと。
やっぱりカブトムシが一番好きなんだね。。。あれだけマスを追っかけてたのに。。。。

P.S.
中央道の渋滞には、あきれるくらいです。
ここ府中を午前7時前に出たのに、既に相模湖ICを先頭に渋滞。
しかたがないので、相模湖まで20号線で行きました。

この時期、帰省で運転される方も多いと思いますが、安全運転で!

羽化サイズについて(その1)

「幼虫時の体重が重いものほど、羽化してくるサイズが大きい。」
いわば、定説・常識ですが、本当にそうなのでしょうか。

昔、仕事でマクロ経済分析をかじっていた頃、理系の上司に、
「文系人間ほど、何も考えずに回帰分析をしたがる。」
と言われたことがあります。(私は文系です)
ついつい、したくなるんですよね、回帰分析。

やってみました。幼虫体重と羽化サイズで。
トップブリーダーの方々がデータを公開してくださるので、ちょっと拝借です。
以下、そのデータ情報。
1.サンプルは能勢YGで、その母数は41
2.種親は♂1、♀2の2ラインのだが1母集団とみなす

結果、以下のとおりです。
能勢YG回帰分析
(↑閲覧するにはAdobe Readerが必要です。)

回帰式は、y = 0.6806x + 59.033となり、
・傾きがプラスなので、体重が重いほど羽化サイズは大きい。
・80UPの羽化には、幼虫時の体重30.8gが必要
・77㎜の羽化には、幼虫時の体重26.4gが必要(←当方の目標とマッチ!)
いかがでしょうか。
なんとなく、感覚的には正しい気がします。

ただ、、、決定係数が0.4543なんです。
これでは、説明力が高くないですね。


次回以降で、重回帰してみようと思います。
「頭幅」を要素として加えて。

温度管理2

いろいろな方の温度管理を参考にして、スケジュールを立ててみました。

温度管理スケジュール

以前書いたとおり、現在は床下管理で、想定の温度よりも高めに推移しています。
これがどのように影響するのか、さっぱりわかりません。
ただ、自分なりに基準というか、大げさに言えばポリシーは持っておきたいと考えています。
① 夏は30℃を越えない
② 冬は18℃を下回らない
③ 急激な温度変化をさける
④ 常温が可能な場合は常温を

①については、床下でなんとかなりそうです。
課題は冬でしょうか。
実は昨年、簡易的な温室を作り、とある方からいただいたホペイの幼虫を飼育していました。
これが大失敗。
いただいた3頭のうち、2頭は★に、1頭は早期に羽化して極小個体になりました。

簡易温室については別の機会に記事にしますが、昨年の反省を今年に活かしたいと思います。
それが③と④です。

帰って来ました

4歳の長男が、サマーキャンプから帰って来ました。
何はともあれ、ケガや病気もなく無事に帰って来たことで、ホッとしています。

今回のキャンプ参加の目的は、「少しだけ親離れ」です。
夜寝るときに「泣かない」こと。それだけでした。
が、やっぱり少し泣いてしまってようです。
幼稚園の仲良し5人で参加しましたが、泣いたのは彼だけ。その仲良しの子が先生を呼んでくれたと。
他の4人は泣きもしなかったようで、長男はまだまだですね。。。
ま、でもちょっとお兄ちゃんになってくれれば。明日から変わるかな。

冬には、2泊3日のスキーキャンプはあるそうです。
本人は、早くも参加の意思表明!
行かせましょう。親も子離れせねば。

P.S.
昨日は何かあったら迎えに行かなければならないと思いビールを止めてましたが、今日その分これから飲みます!

8月のテーマ

今日から8月です。

今月のテーマは「海、川」です。息子たちの大好きな自然とたくさん触れ合いたいと思っています。
  7日・・・奥多摩でマスのつかみ取り
 14日・・・江ノ島で磯遊び
(21日・・・山梨県北壮市のオオムラサキセンター)
 28日から、ハワイ島へ

とにかく生き物に触れるのが大好きな長男。週末はほぼ水遊びをする予定です。
7日は、マスのつかみ取りのあと昆虫採集をしようかと考えています。目的はミヤマクワガタ。
昨年も行ったのですがミヤマには会うことができず、リベンジです。

夜までいることはできないのですが、どなたかいいポイントを知りませんか?
ご存知の方、秘密のコメください!
プロフィール

Author:じょーじ
40歳を過ぎてから、2人の男の子の父になりました。子供がクワカブに興味を示し、ご多分に漏れず子供よりクワカブ(特に国産オオクワ)に熱くなっています。

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
データライブラリー
FC2カウンター
相互リンク
40過ぎての子育て、オオクワ 国産オオクワガタ成虫や菌糸ボトル販売 世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します! 名前入りTシャツのお店-デコプレ-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。