スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能勢YG 2010年8番

Tigaさんのラインのことです。マサレッドさんのラインではありません(笑)。

うちには、成虫でお譲りいただいた♂81.8と3令幼虫でいただき当方で羽化させた♀51.5のペアがいます。
このラインにとても期待しているのですが、その理由は、
1. うちにいる能勢YGで、雌雄ともに最大のサイズである
2. 同腹♂には、常温飼育で84UPがいる
ということだけではありません。

3. 種親♀51の種親♂80.5は、新ギネス87.1の祖父と同一個体
これはさすがにとってつけた理由ですね。。。♂80.5は847の同腹ですから。

実は、
4. 幼虫時体重から羽化サイズへの変換率(いわゆる還元率)が高い(♂81.8も最終体重26.5gからの羽化)
です。
これは、このラインを手にされている方の多くが記事にされていますね。
なーんだ、と思わずもう少しお付き合いを。

Tigaさんの過去データを見させていただくと、8番の種親♀51の同腹♂83.1も29.3gからの羽化という高還元率。

↓こちらを参照
Tigaさん能勢YG

♂83.1はTigaさん2010年3番および4番の種親。♀51は8番ライン。
3番は残念な結果(うちにいる♂78.0がこのライン)ですが、4番はやはり高還元率。

そこで、私は以下の仮説を立てています。
〇♂80.5×♀48から始まる銚子さんラインは、母系を介して高還元率を引き継ぐ。
〇父系では80系統との組み合わせ(血が遠いこと)が有効。

この仮説を立てた段階で思い出したのが、昨年私が行った「幼虫時最大体重と羽化サイズの回帰分析」です。
還元率とは、まさに一次回帰式のβそのもの。βが大きくなれば羽化サイズも大きくなると考えます。(回帰式のスティープ化)
一方でαはというと、これは♂のポテンシャルと見ています。大きい種親♂を使うことで羽化サイズの巨大化が期待できる。(回帰式の上方シフト)

したがって、現時点では♀51.5に期待していて、これに大きな♂をかけたいと思っています。
でも、さすがに83UP、84UPといった個体には手が出ません。。。。
なので、大きい幼虫から相応の大きさで羽化した♂、これを探しました。(次回以降、ご紹介したいと思います。)

ただ、、、866も871も847の同腹インラインの累代。♀51.5は♂81.8とかけたほうがいいのか!?

追伸。
この内容についてブログに記載すること、Tigaさんからご承諾いただいております。ただ、もう数か月も前のことですが。。。

スポンサーサイト

久留米♂80.4に続き、、、

今朝、成虫を管理している温室を確認したところ、能勢YG♂80.1も★になっていました(泣)。。。
先週の水曜、ゼリーを換えた際は、まだ生きたいましたが、とても残念です。
予備の♂を確保していないので、今季能勢YGは断念せざるを得ない状況です。。。

何が問題であったか、考えています。
①今年ペアリング予定の2♂3♀
 2月中旬ごろ床下から出して温室に移行、26℃程度で管理していました。
 このうち、2♂が★に。

実は、★になったのはこれだけではなかったのです。
②昨年の種親たち2♂3♀
 本日確認したところ、物置に保管していましたが生きていたのは1♀(日野春)のみ

問題として考えられるのは、
・冬眠期間中の管理(乾燥)
・昨年の猛暑の影響(屋外常温、35℃もざら)
今後は、上記2点に気を付けていきたいと思います。。。

追伸。
陸王さん&ガッタさんプレで、能勢YG幼虫の提供を、たがさすさんにお約束していました。。。
現状では、お約束を果たすことができません。申し訳ありません。
代替物を検討しています。

マツノ久留米♂80.4

ラブセナさんからお譲りいただいたマツノ久留米♀の、お婿さんが決まりました。

ビッダーズでお馴染みのshima1007さんから、マツノギネスの血を引く♂80.4をお譲りいただきました。
↓これです。shima1007さん、すいません、写真をお借りします。。。
マツノ久留米804
お尻が少し出ているのですが、まったく気になりません。

なにしろ、血統がすごいです。
↓これです。shima1007さん、すいません、こちらの画像もお借りします。。。
マツノ久留米血統構成図
本当に、何も申し上げる必要はないと思います。

それと、非常にびっくりしたのが、とても丁寧な包装。思わずシャッターを押しました。
↓これです。
久留米1

能勢YGとの2ショットは、↓こんな感じです。
能勢YGとマツノ久留米
左が久留米で、右が能勢YG(80.1)。まさに圧巻です!(写真がヘタでうまく伝わらないなぁ。。。)

こんな個体を入手できただけでもサプライズなのですが、実はサプライズはまだまだ続きます。
ラブセナさんからの♀もマツノ久留米で、その種親のブリーダーがshima1007さんであることは伺っていました。
先日shima1007さんと電話でお話しする機会があり、この♀のことをお聞きすると、
「クロスラインかもしれない。」
つまり、
・♂80.4の種親♂(84.1)とラブセナさん♀の種親♀(52.5)は同腹
・♂80.4の種親♀(52.7)とラブセナさん♀の種親♂(82)は同腹
だったのです。
どんな効果があるのか、インラインとどう違うのか等、まったくわかりませんが、この偶然を大事にしたいと思います。
(shima1007さんから、このラインは81、82はあたり前のように出ると言われました。。。うまくいけば83UP。プレッシャーです!)

shima1007さん、ありがとうございました。

追伸。
ブリードをはじめるまで、「久留米」といえば私にとっては松田聖子さんでした。
中学生の時、毎週見ていた「ザ・ベストテン」の「今週のスポットライト」のコーナーに登場した時の衝撃は忘れません。私が部屋にポスターを貼った唯一の人です。
一方、能勢といえば能瀬慶子。ん?字が違うし。出身地じゃないし。。

ラブセナさんからの個体!

仕事の関係(半期末、期初)でなかなか時間が作れず、更新がままなりません。
書きたいネタはたくさんたまっているのですが、、、。

今日は、陸王さん&ガッタさんプレ企画で、ラブセナさんからお譲りいただいた個体について書きたいと思います。
(やっとご紹介できます。ラブセナさん、遅くなり申し訳ありません。)

まずは、、、、
①能勢YG♀(旧能勢80)
 サイズ:約50㎜
 種親:♂81.8㎜×♀50.6㎜
 入手経路:高知県在住のブリーダーの方から、ラブセナさんが幼虫で入手され羽化させたもの

能勢YG50
↑ピンボケです。写真はいつまで経ってもヘタです。

次に、、、、
②マツノ久留米♀
 サイズ:約50㎜
 種親:♂82mm×♀52.5mm
 入手経路:クワカブランドというshopからの幼虫を、ラブセナさんが羽化させたもの
 ※兄弟で84㎜が出ているとのこと

マツノ久留米50
↑これもピンボケです。とても元気でじっとしてくれません。ゼリーをいまだドカ食い中。

ともにびっくりするぐらいの素晴らしい大型血統です!私には勿体無いぐらい。。

ラブセナさん、貴重な個体をお譲りいただき、誠に感謝いたします。大切にブリードしますので、見守っていてくださいね。

それと、新しい虫友さんや素晴らしい個体にめぐり合わせていただく機会をくださった、陸王さん、ガッタさん、本当にありがとうございます。
次回も協賛&応募します!

追伸。
まだ、東京オフ、やってますか??行きたかったです!
決算の締め切りがかち合わなければ行けたのに。ま、しかたなし。

新しい仲間です!

2011年の種親が今日到着しました!

binnonさんから貴重な個体をお譲りいただきました。

c-43
(binnonさん、画像を拝借しました。すいません、自分で撮影したら差し替えますのでご容赦を。)

binnonさんは、ご存知、先日発表された第11回美形オオクワガタコンテスト優勝個体をブリードされた方です。
(言うまでもなく、第3位も)
今回お譲りいただいた♂は優勝個体の異母兄弟で、80.1mm。♀は同腹で50.1mm。
となると、前ギネス847は叔父にあたり、現ギネス866とは、いとこ同士です。

なんて書いているとわかりにくいので、チャートにしてみました。
 
能勢YG系統図

手にしたときの第一印象は、とにかく大きく太い!
binnonさんからは「細めである。」とお聞きしていたのですが、なんのなんのかなり立派です。
これが細いのであれば、能勢YGはどんだけすごいのかと感銘を受けています。

このような素晴らしい個体をお譲りいただいたbinnonさんに感謝するとともに、そのブリードへの緻密さ・情熱には感激しております。来期以降のブリードはかなりプレッシャーですが、是非今後ともご指導いただければと思います。
また、今回この個体に理解を示してくれた妻に感謝します。これからもよろしくね。

いや~、嬉しい!


2010.8.23追記

陸王さん&ガッタさん合同プレ企画からお越しいただいた方、ご覧いただきありがとうございます。

上記個体のペアリングは来春(2011年)を予定しており、プレ企画の協賛品は上記個体の来期の幼虫です。
何頭採れるのか、わかりませんが、今期津山や日野春で成功した「爆産セット」で挑むつもりです。
以下、系統図を再掲しますので、ご参考になさってください。

能勢YG系統図プレ


よろしくお願いします。
プロフィール

じょーじ

Author:じょーじ
40歳を過ぎてから、2人の男の子の父になりました。子供がクワカブに興味を示し、ご多分に漏れず子供よりクワカブ(特に国産オオクワ)に熱くなっています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
データライブラリー
FC2カウンター
相互リンク
40過ぎての子育て、オオクワ 国産オオクワガタ成虫や菌糸ボトル販売 世界でひとつしかないオリジナル絵本を作成します! 名前入りTシャツのお店-デコプレ-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。